イベントレンタル
ホーム > レンタル用品の選び方 > 音響機器の選び方

音響用品の選び方

こちらでは、音響機器をレンタルいただく際の選び方、導入の仕方をご紹介します。

基本知識--音を大きくするプロセス

■音源がひとつの場合
音源→増幅器→出力装置

■音源が複数の場合
音源(マイク、各種デッキ)→混合機(ミキサー)→増幅器(アンプ)→出力装置(スピーカー)

選び方

用途

おすすめ構成

小規模パーティー、会議でマイクを使用する

マイク+アンプ内蔵スピーカー

大音量で音楽を流す屋外イベント、大規模パーティーでマイクを使用する

音源+パワーアンプ+スピーカー

複数の音源(マイク、各種デッキ)を使用し、音質も調整したい

各種音源+ミキサー+パワーアンプ+スピーカー

※規模、用途によって、必要な構成が異なる場合があります

接続順序

接続順序

コネクター・端子の種類

ケーブル

本体端子

呼び方

特徴

ケーブル

本体端子

RCA、ピン

ラインの接続に使用。
家庭用のビデオ音声やCD、MDデッキなどによく使われている。

ケーブル

本体端子

標準、フォン(モノラル)

ライン、マイク、ヘッドホンの接続に使用。2極。

ケーブル

本体端子

キャノン、XLR(オス)

ライン、マイクの接続に使用。
配線を長く引く場合や信号の弱い物の配線に適している。

ケーブル

本体端子

キャノン、XLR(メス)

ライン、マイクの接続に使用。
配線を長く引く場合や信号の弱いものの配線に適している。

ケーブル

本体端子

ミニ(ステレオ)

マイク、ヘッドホン、イヤホンの接続に使用。太さ3.5o 3極太さ2.5oのマイクロミニがあり、注意が必要。

上の画面へ

COPYRIGHT(C) 2005 ARTRental CO., LTD. All Rights Reserved.

お問い合わせ